HPリニューアルしました!

千尋の谷落としチャレンジ

千尋の谷落としチャレンジって何よ?ですよね。
ニュアンスはちょっと違うんですけど、獅子の子落としみたいな感じと思って頂けたら良いかもです。

獅子の子落とし

獅子の子落としとは、わが子に厳しい試練を与え、その器量を試すことで一人前に育てることができるというたとえ。

出典元:古事ことわざ辞典

誤解のない様に先に言っておきますが、獅子の子落としの例えだと、なんか私が親みたいな立場って言うか上からみたいな話になっちゃうんですけど、千尋の谷落としチャレンジはそう言う上からの話じゃ無いです。イメージ?雰囲気?だけ伝わればいいなって感じです。

凄く簡単に言うと、手伝わない・アドバイスしない・放っておく。
要は相手に対して何もしないって事です。
私のお悩み相談の究極形もぶっちゃけコレです。
プライベートももちろんコレです。

みなさん答えやアドバイスや救いを求めてお見えになっている様に見えるんですが、本当はご自身で決めた事しかやりたく無いです。人の言う事に言いなりは嫌なんです。

もし誰かのアドバイスなどを聞いて行動したならそれは

  • 人のアドバイスなど聞いた後、自分で考え自分の意志で行動した。
  • この人がこう言ったからやった。と人のせいに出来るから言う通りにした。

のどちらかである事が殆どです。

で、千尋の谷落としチャレンジの話ですよね。
人って、自分で決めたことしかやりたく無いんですけど、やりたく無いのになんか自分の中で迷っちゃって(自分で迷いを作っちゃって)上で書いたみたいにアドバイスとか答えとか救いを求めて来るわけです。

なんですが、サロンの玄関を開けてみなさんの顔を見た瞬間に私の中でこの方には今は何も言わない時とかこの方には色々情報を伝える時とか勝手に決まっちゃいます。

これって自分じゃどうしようもなくて、その人その人それぞれの時期ってのがどうもあるみたいで、って事は来る時にはその人の中でもうどっちの時か決まってるわけだから、あーそっか、そうすると玄関で私がみなさんの顔を見た時に勝手に決まっちゃうんじゃ無くて、私はそれを確認しているだけって事になりますね。そう言う事です。すんません。

なんか話がちょっとずれちゃいましたが、なので整体やお悩み相談・占いをしたとしても、この方には何も言わない時の人にはアドバイス的な事は何も言わないし、助けたりとかお世話はしないです。

この時、私って凄く冷たい人だと思われているんだろうなぁ。と心の中で思うんですが、それは私の個人的な感情であって、目の前にいる方の問題には全く関係ない事なので横に置いといて、とにかくその方の自立を促します(って言うか突き放す・放置する)余計な手は一切出しません。放っときます。

すると、いつの間にかちゃんと自分の力で乗り越えて、勝手に元気に復活していて、時にはなんかスゴイ成長していたりして、それをなんやら風の噂で知ります。(たまに直接伝えに来てくれます。その時は凄くうれしい)

もちろんこの方には色々情報を伝える時の人にはこれでもかと言うくらい情報を提供します。その時期の方は情報を一回食べて消化して自分に必要な栄養に変換にして使っている様です。この方たちはすでに自立している状態ですしこれでいいと思ってます。

で、何が言いたいかって、誰にでもどっちの時期もあるんですが、どっちにしても、その人の人生はその人の思うがままなので、なんでも出来る力を持っているって事で、私はそれを信じているって事です。

だからこそ放っておける。だからこそ千尋の谷落としチャレンジをついついやってしまう。千尋の谷落としチャレンジってのはまぁそういう事です。

言うの恥ずかしいんですけど、その人が好きだからやっちゃうってやつです。

相変わらず安定の暑苦しさですんません。

過去記事はこちら(アメブロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください